2016年2月2日に幕を下ろした、

京都のブルーノートの最後のライブです。

blue note Kyoto 最後の五日間

2016年1月29日(金)
明田川荘之(p/okarina)ソロ

2016年1月30日(土)
渋谷毅トリオ 
渋谷毅(p) 外山明(ds) 市野元彦(gt)

2016年1月31日(日)
第十回 市川修さんを偲ぶ会 (Session)
HOST : 森山威男トリオ
森山威男(ds) 登敬三(ts) 船戸博史(b)

2016年2月1日(月)
森山威男トリオ
森山威男(ds) 今岡友美(vo) 川嶋哲郎(ts)

2016年2月2日(火)
1部 :
森山威男 VS 板橋文夫
森山威男(ds) 板橋文夫(p)

2部 : 森山威男カルテット
森山威男(ds) 板橋文夫(p) 登敬三(ts) 船戸博史(b)

div style="position:relative;width:750px;height:35px;-adbe-g:p;">

2012年、1962年2月2日の開店から50年目を迎えたブルーノート

それを記念して『 Anniversary 3 Days 』を開催しました。

下の日にちをクリックすると、素敵なフライヤーが出てくるぞ!

2012年2月2日

誕生日当日は、渋谷毅さん率いる『月の鳥スペシャル』

静かな幕開けになりました。なんかブルーノートが清められて行くような感じです。

どんな時にもぶれない、芯がまっすぐに通ったサウンドです。

オーケストラとして来ていただきたかったのですが、狭い当店では、かなうはずもありません。しかし、いつの日にか、場所を変えてお呼びしたいと思います。

2012年2月3日

オープニングアクト;HARD & LOOSE

2日目は、後夜祭として水島君の『磔磔』を借りて、森山威男カルテットです。

森山さんは、リハーサルからガンガン跳ばして容赦がありません。

板橋さんもそれに答えて、空手で相手をぶちのめすように、ピアノを叩きます。

でも、その音色は途方も無く美しいのでした。

磔磔のステージに立つ四人の姿は、四天王のように輝いていました。

2012年2月4日

最後は、前夜に仲武子さんとオープニングアクトをつとめてくれた、市川芳枝さんの旦那

故市川修さんが率いていた伝説のバンド『クリス クロス』のメンバーと、

天才アケタこと明田川荘之さんの一騎打ちです。

最初から最後までアケタ節で泣かしてくれました。

クリスクロスの代表曲『KING ELEPHANT』別名『ゾウさん』では、

市川君が完全にのりうつり、クリスクロスが目の前に再現されました。

この間、ブルーノートのために汗を流していただいたミュージシャンに、

心からお礼を申し上げます。

ありがとうございました!

この三日間にお越しいただいたみなさん、みなさんには、お一人お一人にご挨拶して

お礼を申し上げたかったのですが、かないませんでした。この場をお借りして

御礼申し上げます。

又、このイベントにご協力いただいた関係者のみなさん。

特に、グランドピアノを格安でお運びいただいた『アポロ楽器』さん。

水島君をはじめとする『磔磔』のスタッフのみなさん。

記録係として、忙しい中手伝っていただいた、

戦場から帰って来たばかりのカメラマン『ムーン・シャイナー』の竹田君と

いつもCD作成でお世話になっている『シンプティー・スタジオ』の粕谷君。

そして、ブルーノートのスタッフのみんな。

ホンマに、おおきに!!

div style="position:relative;width:750px;height:35px;-adbe-g:p;">

大震災被災者支援ライブについて
div style="position:relative;width:750px;height:35px;-adbe-g:p;">

/div>